Biography

IMG_5530.JPG

2010年夏、ゲーム「ファイナルファンタジー」等のモーションアクターや剣舞師として活躍していた川渕かおりと、シンガー/ギタリストの山切修二が出会い意気投合。山切が川渕の剣舞の為に作曲した「桜の鬼」を年末に二人で初披露し好評を博す。

2011年4月、津軽三味線奏者奏者を加えたトリオでバンド活動を開始。震災後の混沌の中から新たな日本の音楽スタイルを世界に提示する意味も込め、カオスと命名する。スペルと発音は川渕の名前に掛けている。

 

ギター基調のサウンドに和楽器を導入し、男女ツインボーカルを打ち出した音楽性と、川渕による日本刀剣舞を取り入れたダイナミックなショウで瞬く間に注目され、結成から数ヶ月後には世界最大の音楽見本市、サウス・バイ・サウスウェスト(SXSW)に出演し、続くアメリカツアーも大好評のうちに終えた。

2013年、再びSXSWに出演後、ヨーロッパツアーを敢行。2014年には米CNNインターナショナル局の番組「The Art of Movement」の取材を受け、〝芸術性の高い日本のバンド〟として全世界に紹介された。以降、海外での演奏のオファーが増加し、これまでに12ヶ国15都市のフェスや国交行事で演奏し、高い評価を得ている。

国内では、WWW等での大型ライヴハウスや、全国各地ホール会場での定期的な単独公演開催の他、各省庁の行事や式典での演奏・ミュージカルへの出演等、幅広い層へのアピールで注目度を高める

2018年に入り、川渕と山切の二人のユニット体制となる。2月に舞台本番で川渕が左膝前十字靭帯断裂の大怪我を負うが、その一週間後のニュージーランドのSPLOREFESTIVALのステージに松葉杖で立ち片脚で剣舞を披露した川渕の姿は現地で賞賛され、その際の写真は国際女性デーに同フェスのオフィシャルSNSでトップを飾った。

同年、レッドホットチリペッパーズ等のエンジニアを務めたKenji Nakai 氏をプロデューサーに迎えたサードアルバム「AMRITA」を発表後は、ドイツのフランクフルトで開催された国交フェス「MAIN MATSURI」に出演。同フェスにはテーマ曲「結う」を提供した。12月には、渋谷PREASURE PREASURE(旧名マウントレーニアホール)で川渕かおりの完全復活コンサートを開催し大成功に終える。川渕が復活に向け奮闘する様子は、BS-TBSドキュメンタリー番組「ストイック女子」の密着取材を受け、翌年全国で放送された。

2019年は、再びドイツの「MAIN MATSURI」にヘッドライナーで出演した他、中華人民共和国内モンゴル自治区で開催された巨大フェス「CHINA DREAM」、マレーシアのAsia Comic Conにも出演した。

 

2020年は1月のドイツでの初単独ホール公演をフランクフルトで開催しソールドアウトの大盛況で終えた。コロナ禍で配信・制作ベースの活動に切り替えつつも、年末には東京での単独公演を二公演行った。

 

2021年は、新作の制作期間に入りつつ、8月には入国制限の緩和されたドイツでのライブを敢行し、大盛況に終えた。目下、ニューアルバムリリースと来年のライブを調整中。
 

 

KAO=S  are

Kaori Kawabuchi (Vocal / Sword Dance).

Shuji Yamagiri (Guitar / Vocal).

 

In 2010, Shuji composed "Sakura no Oni" inspired by Kaori's Japanese sword dance. Their first gig was held in Tokyo on Dec of this year. In 2011, They added Shamisen Player and formed a band KAO=S.

 

The name comes from Kaori's name as, in Japanese, "chaos" is pronounced as /kəɔs/, which sounds similar to Kaori. More importantly, it embodies their mission; in the world of chaos, they will create and express their own unique music, a mix of traditional Japanese music and modern music all over the world. To express their worldview on their stage, they often add support musicians or backing tracks.

They were invited to SXSW 2012 and gained the audience's excitement. The following, six cities US tour (Austin, Chicago, New York, San Francisco, Los Angeles, Las Vegas) was also very successful.

 

In 2013, as well as appearing on the stage of SXSW for the second time, They performed in Germany, UK and France.

 

In 2014, a CNN international (US) program, Art of Movement, offered them a spot and shot in Tokyo, and they were introduced worldwide.

 

In 2015, they played in Dalian, China for international cultural interaction purposes. After that, they flew to Sao Paulo, Brazil and performed at Japan and Brazil's 120th anniversary in the Interlagos F1 circuit to energize 10,000 people.

 

In 2016, they had a successful performance in Asunción, the capital of Paraguay, in front of an audience of 15,000 people at Organizing Committee of Celebration of the 80th Anniversary of Japanese Immigration to Paraguay.

 

In 2017, they received a favourable reception at another large festival in Alicante, Spain. 

After that, they became duo formed by Kaori and Shuji to express music and stages wider. And they released 3rd album AMRITA was produced by Kenji Nakai who engineered RHCP, Tom Petty, X JAPAN albums.

 

In 2018, this year's career included a performance at "SPLORE FESTIVAL" in New Zealand and "Main Matsuri" in Germany. 

​In 2019, this year's career included a performance at "Main Matsuri" in Germany, "China Dream" in inner Mongolia and "Anime Comic Con" in  Malaysia. 

In Jan 2020, they had their first solo hall concert in Germany. It was sold-out and very successful. But after March, they cancelled all concerts due to cover-19. 

In August 2021, they were invited to Germany and had 3 shows in Frankfurt am Main.

Now they have been recording new album.